君は「アニメンタリー決断」を知っているか

アニメンタリー決断とは - 1

アニメンタリー決断とは

「アニメンタリー決断」は1971年4月3日から同年9月25日まで、毎週土曜日19時30分から20時(一部地域を除く)に日本テレビ系列で放映された竜の子プロダクション(現・タツノコプロ)制作の戦記アニメ。
作・監修に戦記作家の児島襄、総監督に九里一平を起用した異色作である。
「アニメンタリー」とは「アニメ」と「ドキュメンタリー」を合わせた造語。
1941年12月8日の真珠湾奇襲攻撃から1945年8月15日の終戦まで、太平洋戦争の主な出来事を全26話に渡って物語にした。(タツノコプロの公式サイトでは全25話と紹介され、第26話は欠番扱いになっている。これに関しては第26話についてを参照)最終回の第26話は戦争に関係のない話なので、実質的には全25話ということになる。これについては後述する)

「アニメンタリー決断」は毎回、登場人物が決断を下すべく思い悩むシーンと、その後の結果の出るシーンで解説が入り、主題を明確にしていた。
実在の人物と兵器が登場し、概ね史実通りに描くために正確な描写が心がけられていた。
芝居では敬礼の仕方や肩章の違いに気を遣って制作、音楽は実在する軍歌・戦時歌謡をアレンジしたものを使用、効果音は東宝の戦争映画でも使用された本物の爆発音やエンジン音などを使用した。
兵器関係の描写では、鉛筆の汚しの処理をそのままセルにマシントレースを行い、その重厚さを表現した。
爆発シーンでもリアルな映像を追及した結果、エアブラシで炎や火の粉を表現するなど、タツノコプロの技術はこの作品で飛躍的に進歩した。ここで得た技術は翌年の「科学忍者隊ガッチャマン」で存分に発揮され、後のアニメに多大な影響を与えた。

「決断」に関わったスタッフはその後、数々の名作を世に出し、今日の日本アニメ界の礎となった。

アニメンタリー決断を見るには

映像ソフト

映像ソフトはビデオ、レーザーディスク(LD)、DVD、Blu-rayの4種類が発売されている。
収録されているのは全ての映像ソフトで第25話まで。
Blu-ray以外の映像ソフトは、すでに廃盤になっている。
各映像ソフトの収録状況は以下のとおり。

話数サブタイトル収録巻
Blu-rayDVDビデオLD
第1話真珠湾奇襲Disc 1Vol.1第1巻Vol.1SIDE-1(CLV)
第2話ミッドウェイ海戦(前編)
第3話ミッドウェイ海戦(後編)SIDE-2(CLV)
第4話マレー突進作戦第2巻
第5話シンガポール攻略Vol.2SIDE-1(CLV)
第6話香港攻略Disc 2Vol.2
第7話マレー沖海戦第3巻SIDE-2(CLV)
第8話珊瑚海海戦
第9話ジャワ攻略Vol.3SIDE-1(CLV)
第10話海軍落下傘部隊第4巻
第11話バターン・コレヒドール攻略Disc 3Vol.3SIDE-2(CLV)
第12話潜水艦 伊-168
第13話第一次ソロモン海戦第5巻Vol.4SIDE-1(CLV)
第14話加藤隼戦闘隊
第15話ラバウル航空隊SIDE-2(CLV)
第16話キスカ島撤退Disc 4Vol.4第6巻
第17話特攻隊誕生Vol.5SIDE-1(CLV)
第18話山本五十六の死
第19話ルンガ沖夜戦第7巻SIDE-2(CAV)
第20話マリアナ沖海戦Vol.6SIDE-1(CLV)
第21話レイテ沖海戦(前編)Disc 5Vol.5
第22話レイテ沖海戦(後編)SIDE-2(CAV)
第23話硫黄島作戦第8巻Vol.7SIDE-1(CLV)
第24話連合艦隊の最後SIDE-2(CAV)
第25話最後の決断SIDE-1(CLV)

DVD

DVDは2005年6月24日に発売。DVD全5巻と全29ページの解説書を封入したBOX仕様と単品仕様の2種類が発売された。

DVD版仕様
●発売元/デックスエンタテインメント
●販売元/竹書房
●定価/BOX仕様:21,000円+税 単品仕様:各巻4,700円+税
●収録時間/BOX仕様:625分 単品仕様:各巻125分
●ディスクタイプ/片面2層
●音声/モノラル
●色彩/カラー
●画面サイズ/スタンダード
●商品画像

DVD-BOX商品画像1
DVD-BOX外箱
DVD-BOX商品画像2
DVD-BOX外箱
DVD-BOX商品画像3
DVD-BOX外箱・表
DVD-BOX商品画像4
DVD-BOX外箱・裏
DVD-BOX商品画像5
DVDケースと解説書・表
DVD-BOX商品画像6
DVDケースと解説書・裏
DVD-BOX商品画像7
DVDディスク

Blu-ray

Blu-rayは2015年7月31日にHDネガテレシネ・リマスター版のBlu-rayBOXが発売された。
BOXにはディスク5枚と各話解説と設定資料を掲載した全28ページのブックレットが封入されている。
映像特典はノンテロップのオープニングとエンディング、設定資料(ブックレットの設定資料とは別の画像)が収録されている。

Blu-ray版仕様
●販売元/竹書房
●定価/25,000円+税
●収録時間/625分
●ディスクタイプ/片面1層
●音声/モノラル
●色彩/カラー
●画面サイズ/4:3HDサイズ
●商品画像

Blu-ray商品画像1
Blu-ray BOX外箱
Blu-ray商品画像2
Blu-ray BOX外箱
Blu-ray商品画像3
Blu-ray BOX外箱・表
Blu-ray商品画像4
Blu-ray BOX外箱・裏
Blu-ray商品画像5
Blu-rayケースと解説書・表
Blu-ray商品画像6
Blu-rayケースと解説書・裏
Blu-ray商品画像7
Blu-rayケースの中身
Blu-ray商品画像8
Blu-rayディスク

Blu-ray版とDVD版の映像の違い

Blu-ray版の映像はDVD版に対して全体的に色彩が濃くなり、輪郭も鮮明(画像では分かり難いが)になっている。
実写映像に関しては、DVD版はモノクロのオリジナルのネガフィルムにカラー着色をして放送した映像が収録されていたが、Blu-ray版はモノクロのオリジナル映像で収録された。

DVD版Blu-ray版
DVD第1話Blu-ray第1話
DVD第2話Blu-ray第2話
DVD第3話Blu-ray第3話
DVD第4話Blu-ray第4話
DVD第6話Blu-ray第6話
DVD第7話Blu-ray第7話
DVD第11話Blu-ray第11話
DVD第12話Blu-ray第12話
DVD第14話Blu-ray第14話
DVD第16話Blu-ray第16話
DVD第19話Blu-ray第19話
DVD第21_2話Blu-ray第21_2話
DVD第22話Blu-ray第22話
DVD第24話Blu-ray第24話
DVD第21話Blu-ray第21話

ビデオ

ビデオは全8巻が発売。1989年以前に初版が発売され、その後1992年に廉価版が発売された。
初版と廉価版の違いは、廉価版には各巻のジャケットの下に副題(勝利の電撃戦など)が付いているが、初版には付いていない。
第8巻のジャケットは、初版では大和の正面(1番主砲塔から前檣楼)を描いたものと傷つき傾いた大和を描いたものが使用されたが、廉価版では上甲板に達する艦首波を受けながら航行する大和を正面から描いたものが使用されている。

ビデオ版仕様
●製作・著作/(株)にっかつ
●発売元/にっかつビデオ(株)
●定価/初版:各巻11,000円+税 廉価版:各巻3,689円+税
●収録時間/第1巻~第6巻・第8巻:80分 第7巻:105分
●記録方式/VHS
●音声/モノラルHi-Fi
●色彩/カラー
●画面サイズ/スタンダード
●商品画像

ビデオ商品画像1
ビデオケース
ビデオ商品画像2
ビデオケース
ビデオ商品画像3
ビデオケース第1巻~第8巻背表紙
ビデオ商品画像4
ビデオカセット
ビデオ商品画像5
ビデオカセット

ビデオ(廉価版)各巻ジャケット画像
第1巻ジャケット
第1巻
第2巻ジャケット
第2巻
第3巻ジャケット
第3巻
第4巻ジャケット
第4巻
第5巻ジャケット
第5巻
第6巻ジャケット
第6巻
第7巻ジャケット
第7巻
第8巻ジャケット
第8巻

レーザーディスク

レーザーディスクは1990年に全7巻が発売された。

レーザーディスク版仕様
全巻共通仕様
●製作・著作/(株)にっかつ
●発売元/にっかつビデオ(株)
●定価/各巻5,800円+税
●音声/モノラル
●色彩/カラー(NTSC)
●画面サイズ/スタンダード
Vol.1~Vol.4の仕様
●収録時間/100分(2面)
●記録方式/長時間ディスク(CLV)
Vol.5~Vol.7の仕様
●収録時間/75分(2面)
●記録方式/SIDE 1:長時間ディスク(CLV) SIDE 2:標準ディスク(CAV)
Vol.7は第23話本編→第25話予告→第25話本編→第24話予告→第24話本編の順で収録

レンタル

決断を取り扱っている店舗が少ないので、ネット宅配レンタルを利用するのが良いだろう。

CS放送

決断は以下のチャンネルで放送された。

チャンネル名放送時期放送形態
アニメシアターX
(スカパー!ch.729)
2000年10月
~2001年1月
週2話放送
アニメシアターX
(スカパー!ch.729)
2001年4月~5月週5話放送
日本文化チャンネル桜
(スカパー!ch.767)
2004年8月16日
~2005年8月15日
週5話放送、2005年1月2日は全話を集中放送
日テレプラス&サイエンス
(スカパー!ch.278)
2006年8月~
2007年1月
週1話放送
日テレプラス&サイエンス
(スカパー!ch.278)
2007年4月~7月週2話放送
ヒストリーチャンネル
(スカパー!ch.370)
2008年8月~10月週2話放送、次回予告なし、不適切な表現を無音処理
ヒストリーチャンネル
(スカパー!ch.370)
2008年11月~
2009年5月
週1話放送、次回予告なし、不適切な表現を無音処理
ヒストリーチャンネル
(スカパー!ch.370)
2009年8月~
2010年2月
週1話放送、次回予告なし、不適切な表現を無音処理
ヒストリーチャンネル
(スカパー!ch.370)
2010年2月~6月週2話放送、次回予告なし、不適切な表現を無音処理

※チャンネル名は放送当時の名称。

ネット配信

2017年8月現在、huluとAmazonビデオで配信中。
huluでは2013年10月頃より配信が開始された後、一度は配信を終了(時期は不明)したが、2015年8月14日頃より再び配信が開始された。
過去にはミランカ(2009年6月サービス終了)で2007年2月~4月まで配信されていた。

オープニングとエンディングのテーマ

オープニングテーマ「決断」
作詞:丘灯至夫/作曲:古関裕而/編曲:甲斐靖文
唄:幹和之・コロムビア男声合唱団

エンディングテーマ「男ぶし」
作詞:丘灯至夫/作曲:古関裕而/編曲:高原哲
唄:コロムビア男声合唱団

OP・ED共に軍歌調な歌詞と曲。
作詞者の丘灯至夫氏は「ハクション大魔王」、「紅三四郎」、「昆虫物語みなしごハッチ」、「高校三年生」、「長崎の雨」、「東京のバスガール」などの作詞で知られている。
作曲者の古関裕而氏は「暁に祈る」、「露営の歌」、「若鷲の歌」、「英国東洋艦隊潰滅」、「ラバウル海軍航空隊」、「東京オリンピックマーチ」、「鐘の鳴る丘」、「長崎の雨」などの作曲で知られている。

OPとEDを収録したCDは、アニメ主題歌集などの他作品の楽曲が複数収録されたCDのみで、決断だけを収録したCDは存在しない。

各放送局の放送時間

放送時間放送局名
土曜日 19:30~20:00日本テレビ、名古屋テレビ、秋田放送、札幌テレビ、青森放送、福井放送、山形放送、北日本放送、山口放送、山梨放送、日本海テレビ、南海放送、西日本放送、四国放送、テレビ岩手、高知放送、福岡放送、テレビ大分、宮城テレビ、読売テレビ
日曜日 19:00~19:30静岡放送
日曜日 22:30~23:00南日本放送
木曜日 21:26~21:56広島ホームテレビ
金曜日 19:00~19:30北陸放送
金曜日 21:00~21:30福島テレビ
土曜日 17:20~17:50信越放送
土曜日 19:00~19:30新潟総合テレビ

第26話について

第26話は戦争とは関係のないプロ野球の話を扱っている。サブタイトルは「川上監督の決断」という。川上監督とは、本放送当時プロ野球セ・リーグの読売ジャイアンツの監督だった川上哲治のこと。
内容は川上監督をスタジオに招き、監督として下さなければならない決断とはどういうものか、現役を引退する時はどうだったかなど、実況アナウンサーの志生野温夫が試合の実写映像を交えて川上監督にインタビューしたもの。
また、長島茂雄選手にはデビュー当時のこと、天覧試合でのホームランなどについて、王貞治選手には一本足打法などについて、両者からフィルム・インタビューしたものを放送したという。

第26話は映像ソフト化も再放送もされず、そのため幻の最終回となっている。ソフト化も再放送もされないのは版権の都合らしい。

第26話だけがこのような内容になったのは製作時間の問題らしく、番組に対する抗議や昭和天皇の描写に問題があったわけではないらしい。

※番組に対する抗議
第1話放送直後から抗議は多く、その内容は「戦争を賛美または美化するような作品」、「軍国主義の復活」、「右寄り」などと各方面(主に教育団体など)から非難されていた。特に某教育団体では「決断」を「見てはいけない番組」として教育現場に通達をしていたらしい。


アニメンタリー決断とは - 2に進む

トップページ >  アニメンタリー決断とは - 1
ページの先頭へ